スポンサーリンク

【175°DENO担担麺】北海道から参戦の旨スープの担担麺

スポンサーリンク
坦々麺(汁あり)

175°DENO担担麺

東口を出て秋葉原方面に
1分ほどのところにあるこの店

店内はカウンターだけだが
奥に長い

黒ごま担担麺(汁なし)

黒ごま担担麺(汁なし) ¥950
ごはん. 北海道ゆめぴりか(小)100

辛さは2(2倍辛)
シビれは1(花椒2フリ)
これが通常
※シビれは食券購入時に選択
  辛さは3〜4が+100、5が+200
  シビれは3〜4が+50、5が+150でなんと花椒三種盛


麺の量は中盛
※麺の量は無料で「並盛」、「中盛」が選べる

スープは濃厚(白湯)
※スープは「創業の味(清湯)」、「濃厚(白湯)」が選べる

担担麺が提供されて、
まず感じるのが丼から漂ってくる花椒の香り
食欲そそる
シビレが特徴的なことがうかがえる

トッピングはシンプルに
挽肉カシーュナッツ水菜
ただし、挽肉の量が尋常じゃない!

麺の下には白湯のタレ
水菜の上にはラー油
しっかり混ぜていただく

白湯のタレは
濃厚と言っても脂っこくない
最後まで重くならず、スルッといける一杯に仕上がっている

黒ごまベースではあるが胡麻臭くなく、
良い塩梅
その分やはり花椒が効いてて
旨シビれ!

すぐに汗が出てくる
極寒の地でも生きていける
まさに北海道が産んだ担担麺


麺は中太麺で食べ応えあり

付け合せで頼んだ北海道の米
ゆめぴりか
少し黄色い
ここで当然タレをごはんに絡める
主張せずに白湯タレでしっかりコーティング
挽肉と一緒に食べると旨々の麻婆丼

卓上にはラー油一味
と、担担麺屋では珍しい調味
辛さ、旨さを追い求めるためのアイテム

黒ごま担担麺(汁あり)

黒ごま担担麺(汁あり)
シビれ1
辛さ1

こちらも花椒香る一杯
辣油の赤いスープの上に黒ごまがのる

汁なしに比べ、シビれより辛さの主張が強い
その分こちらの方がごまを感じる

香ばしいごまの味わい

麺は細麺
まとまった細麺はスープによく絡む!

旨辛でスープを飲む手が止まらない
全て飲干せる
ごはんが売り切れだったのが悔やまれる

北海道の地が生んだ絶品スープの担担麺をぜひっ!

175°DENO担担麺
東京都千代田区神田鍛冶町3-3-2神田小鍛冶ビル1F
営業時間
[月〜金]
11:30〜15:00(L.O)
18:00〜22:30(L.O)
[土・日・祝]
11:30〜15:00(L.O)
17:30〜21:00(L.O)
年中無休
食べログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました